記事の詳細

新しい保険は保障期間を被らせる!見直し後の乗換ポイント!

保険の見直した後には以前の契約を解約して、新しい保険へ「乗換」をすることが一般的な見直しの手順となります。この時に注意をしたいのが、新しい保険と以前の保険との保障を重複させる期間を作るということです。

今回は、「保険の見直し時の乗換で保障の加入期間を重複させるメリットとデメリット」について解説をしていきますので、保険の見直しを考えているという人は是非参考にしてみてください。

生命保険の契約後の保障開始日

生命保険では、下記の表にあるように「申込」、「告知・審査」、「初回保険料払込」のいずれかの遅い時期から保障が開始されます。

スクリーンショット 2016-07-26 0.01.59

見直し後の乗換で期間を被らせるメリット

ここでは、新規保険と旧保険との加入期間を重複させるメリットのご紹介をしていきます。

94e1a0819d1fd7a39c66cba2056f5903_s

保険の空白時期を作らないため

新しい生命保険に加入をする時には、契約の手続きに時間が必要なため、以前の保険を先に解約をしてしまうと、保障がない無保険の期間ができてしまいます。

例え短期間であったとしても、無保険の期間に突然の不慮の事故が起こらないとも限りません。

無保険時に起こった事故は、当然保険会社からの保障がないので、万が一の対応もすることができません

このような事態を避けるためにも、新保険と旧保険の間は保障期間を重複させる必要があります。

告知が承諾されない時の対策

医療保険などを新しく見直した場合には、告知内容によって新しい保険会社が承諾をしない場合があります。

申告した告知が承諾されないと、新しい保険へ加入することもできません。

この時に以前の保険を解約しないでいれば、例え新しい保険会社に断られたとしても、以前の保険を条件もそのままで契約の継続をすることができます。

乗換後の契約開始前に解約するデメリット

ここで、新規保険の契約開始前に、以前の保険を解約してしまった場合のデメリットをご紹介します。

f6bc77628d5e0aae515d6899180d28ac_s

新しい保険会社が告知を承諾しない理由が健康状態にある場合、一度解約をして以前の保険に再契約をする時には、以前よりも保険料が高額になったり保障が限定されたりなどの契約内容が悪条件となる可能性があります。

また、最も悪いケースとしては再契約ができないという事態もあるようなので注意をしましょう。

生命保険の見直しと乗換のまとめ

a7d946acd84e8c3db4d08c4ff3240ed2_s

新しい保険と以前の保険の加入期間を重複させるのは、保険料も重ねて支払わなくてはならないので、お金がもったいないと感じる方もいるかもしれません。

しかし、新しい保険の契約が開始されるまでは保障のない「無保険状態」となり、健康状態によっては再契約をする場合でも「悪条件」となってしまうリスクがあります。

なので、保険の見直しをした後に以前の保険を解約する時には、必ず新しい保険契約が成立をした後に解約の手続きをするという流れを守るようにしましょう。

また、保険の見直しで何かトラブルや不安を抱えた時には、保険のプロへ保険の相談をしてみましょう。

「保険マンモス」では、担当のファイナンシャルプランナーさんが、自分に合った保険プランを設計しながら適切な見直しができるようにサポートをしてくれます。

保険マンモスは、相談料は無料で「黒毛和牛A5クラスのお肉」が貰えるプレゼントもありますので。

保険の勉強として話を聞くだけでも、保険マンモスを是非とも活用してみてください!

保険マンモスの評判&口コミ

関連記事

【サイト更新日】

2018-07-29

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る