記事の詳細

「就業不能保険」とは

就業不能保険とは、病気や怪我で長い間働けなくなった時に備えて加入する保険です。

病気や怪我で働けない状態が続いていくと、入院中や退職後の収入も少なくなります。

世帯主の収入がなくなっても、生活費や家賃や教育費などの支払いは必要ですよね。

419ccbc454c3e83d99e3701b10dc3240_s

この世帯主が働けなくなった時の生活資金に約80%の人が不安を感じているそうです。

そんな時に備えて民間生命保険会社が販売している、病気や怪我で働けなくなった時に給付金を受け取れるのが就業不能保険です。

就業不能保険は、保険料を毎月積み立てるタイプとは異なり、保険料が掛け捨てタイプの保険となります。

「就業不能状態」とは

就業不能保険の対象となる、就業不能状態は医師によって認定が行われます。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

一般的な就業不能状態には、下記の2種類が該当するといわれています。

(1)病気やケガの治療を目的として日本国内の病院または診療所で入院している状態。

(2)日本の医師の指示を受けて在宅療養をしており、職種を問わず、すべての業務に従事できない状態。

この(1)・(2)の状態が180日間を超えて継続したと医師によって認められた場合は保険金の請求ができます。

うつ病について

70a286a30a2d6c1648724295e3763994_s

「うつ病」などの精神的障害が原因であったり、「むちうち」や「腰痛」などの医学的他覚所見がみられない内容が原因で、働くことができない場合は給付金の対象とならないので注意しましょう。

就業不能保険の特徴

①長期間の保障が受けれる

所得保障保険の場合は、契約期間は原則1年で保障期間も1~2年と短期間な商品が多いですが。

a687079609a12fa44f353f82ba936fb8_s

就労不能保険では、スタートしてから60歳前後まで保障が続くので長期的な治療や保障が受けられます。

②医療・死亡保障のかけ橋

病気で入院をした時は医療保険の保障、死亡した時には死亡保険の保障があります。

しかし、入院してから死亡するまでの間に、後遺障害で働けなくなることがあります。

15747e82608f939e71c32b2d3d5329d4_s

この後遺障害で働けなくなった場合、生活費を保障する保険はありませんでした。

その問題を解決し医療保険から死亡保険へと続く、かけ橋となるのが就業不能保険です。

③毎月のお給料のように支給

各保険会社で金額は異なりますが、毎月の保障金は「10~50万円くらい」の間で支給されます。

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

毎月のお給料のような感覚で支給をされるので、入院時もお金の使い道や月々の返済に困ることなく使用ができます。

この設定金額は、保険会社の規定で働いている時の所得の「6〜7割」と定められていますが、月々に支払う保険料で設定することが可能です。

年収毎月の給付金
450万円25万円
650万円35万円
1000万円50万円

加入年齢と保障期間

①加入できる年齢

就業不能保険の契約可能年齢は「20歳以上、60歳以下」です。

dc5a7d7ebbd1c162ac4ab9560dd8184e_s

あくまで働く人のための保険となっているので、加入年齢は「20~60歳まで」です。

また、保険会社によって「18歳以上」から、加入ができる保険商品もあります。

②保障期間について

就業不能保険の保障期間は、一般的に「60~65歳」で満了となります。

f157251c72cafb1542af36151665e17b_s

また、保険会社によっても異なりますが、保障期間が1~5年の短期で更新が必要な種類と、終身型で保険料を一生涯払い続ける商品があります。

収入保障保険との違い

就業不能保険に、近い保障を持つ保険が「収入保障保険」です。

収入保障保険は、被保険者(契約者)が死亡した場合に、遺族の生活を保障するための保険です。

1fa1d6a93d74ced3b2abb825a3cc724e_s

あくまでも収入保障保険は、被保険者が死亡した場合に支給される死亡保障の一部です。

生存している状態で働けなくなった場合の保障となる就業不能保険とは異なるので注意しましょう。

就業不能保険のまとめ

就業不能保険は、気や怪我の療養期間に備えることができる価値のある保険です。

この就業不能保険は、長期間の保障が受けられることも特徴ですが、他にも短期間で保障が受けられる「所得補償保険」もあります。

所得補償保険は、民間損害保険会社が販売をしていますが、就業不能保険と同じ性質を持つ保険です。

一概にどちらが良いとは言えませんが、両者とも保険に加入する価値のある商品ですので、必要に応じて保険料と補償を比較しながら加入を検討してみてください。

8fd793a172ea39990e5c1cc62bceb459_s

また、就業不能保険は「主契約」として加入する方法と、生命保険や医療保険に「就業不能保険特約」として加入する方法があります。

もしも、仕事ができなくなって収入が途絶えてしまったら、どうやって自分と家族の生活を守るのか、そんな働けなくなった時のリスク回避として、就業不能保険を検討してみてはいかがでしょうか。

就業不能保険の比較は、保険のプロが所属する「保険のビュッフェ」に相談するとスムーズに理解ができます。

保険のビュッフェでは、個人個人に合わせた保険プランの提案を“無料”でしてくれるので、是非一度試してみてください!

関連記事

【サイト更新日】

2017-11-26

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る