記事の詳細

医療保険の見直しポイント!自己負担が減額できる高額療養制度

高額療養制度では、病気や怪我で長期の入院した時に医療費の一定の限度額を超えた分の金額が戻ってきます。

この高額療養費を申請して受け取ることができれば、民間の医療保険も安く見直しをすることができます!

1fa1d6a93d74ced3b2abb825a3cc724e_s

今回は、高額療養費の自己負担限度額と医療保険の見直しについて解説をしたいと思います。

「高額療養制度」とは

高額療養制度とは、病気・怪我で入院費用が高額になってしまった場合に“一定の限度額”を超えた分のお金が戻ってくる制度のことです。

通常の治療費は健康保険が適用される場合であれば、病院で支払う自己負担額は「3割」になります。

121105db13e28310e51530d75206e4ea_s

しかし、長期の入院や手術が必要な状況になると、例え保険が適用されて3割の負担額だとしても、支払う医療費は高額になる可能性があります。

そこで国が取り組んでいる「高額療養制度」では、一般的な家庭では一か月の自己負担額が約9万円までと上限が設定をされています。

高額療養費計算と請求の注意点

通常の高額療養費の計算は、個人ごとに個別で計算をされます。

ただし、一世帯で同じ月に“2万1000円以上”の支払がある時には、合計した金額が請求することができます。

高額療養費を請求する注意点

419ccbc454c3e83d99e3701b10dc3240_s

・一世帯で合計して請求する場合は、同じ健康保険に加入していることが条件。

共働きで健康保険が別々だと合算はできない。

・1年間で3回以上の請求をすると、4回目以降は負担額が減ってしまう。

健康保険限度額適用認定証

高額療養費を請求するまでの期間で、医療費を一時的に立て替えるのが厳しい場合は「健康保険限度額適用認定証」が役立ちます。

健康保険限度額適用認定証を提出すれば、病院の支払い金額は高額療養費の限度額に抑えることができます。

年齢や所得で異なる高額療養費

高額療養費では、下記の自己負担額限度額に該当していなくても、同じ月に同じ世帯から2万1,000円以上を超える支払が2件以上発生した場合は、これらの金額を合計して自己負担限度額を超えた分の金額が請求できます。

1ab48ef30a891175a1925e130849cb66_s

これは例え同じ人が同じ月に2つ以上の病院を利用して、治療費の支払いが2万1,000千円を超えた場合でも同じ内容になります。

【高額療養費の計算式(69歳以下)】

 1カ月の自己負担上限額
通常の所得者8万100円+(医療費-26万7,000円)×1%=約9万円
高所得者
(月収53万円以上)
15万円+(医療費-50万円)×1%=約16万円
低所得者3万5,400円

高額療養費の限度額

同じ世帯で1年間に3回以上の高額療養費を支給を受けていると、4回目以降は自己負担限度額が低くなります。

一般的な所得者は4万4,000円、高所得者は8万3,400円、低所得者は2万4,600円を超えた金額が支給されます。

 4回目以降の高額療養限度額
通常の所得者約9万円
⇒4万4,000円
高所得者
(月収53万円以上)
約16万円
⇒8万3,400円
低所得者3万5,400円
⇒2万2,600円

高額療養制度と医療保険の見直しに関するまとめ

高額療養制度では、病気や怪我の治療の費用が高額になった場合に一定の限度額を超えた金額が戻ってきます。

入院時の「食事代」などは適用されませんが、69歳以下で一般の所得の方の場合は150万円の医療費で健康保険や高額療養を活用することで、実際の自己負担額は約9万円ほどに抑えることができます。

高額療養制度の例

長期の入院や高額な医療費に備えるために、民間の医療保険の金額も高めに設定している方もいるかもしれませんが、高額療養制度をしっかりと理解すれば結果的に保険料も安く見直しをすることが可能となります。

そのため、民間の医療保険の見直しや加入時には、高額療養費や健康保険の公的制度を活用した、バランスの良いプランを検討するようにしましょう。

各保険会社の医療保険の保険料は、「終身医療保険ランキング比較36社」にて詳しく紹介をしています。

私が医療保険の見直しでおすすめするのは「保険のビュッフェ」でFPに無料相談する方法です!

c1db15aeebf0b146c50ef330e9d65e1d_s

保険のビュッフェのFPは、医療保険に関する知識はもちろんですが高額療養制度などの公的保障の知識も豊富なので、公的保障を上手く組み合わせた最適な医療保険のプランの提案をしてくれます。

私も保険のビュッフェを体験しましたが、無理な勧誘もなく親身に相談に乗ってくれるFPさんのお陰で保険の悩みも無事に解決できました!

是非、医療保険の見直しでお悩みの方は保険のビュッフェに無料相談をして、あなたの悩みも解決しましょう!

関連記事

【サイト更新日】

2017-11-26

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る