記事の詳細

解約トラブルも回避!生命保険を解約する時と方法と手順

生命保険の解約では、終身保険などの貯蓄型の場合は「解約返戻金」でお金が戻ることがあります。

しかし、生命保険の解約にはトラブルが発生することもあるので、事前に解約の書類や手続きの準備をしておくことが大切です。

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

今回は、生命保険の契約を解約するタイミングと自然な解約ができる手順と方法をご紹介していきます!

生命保険の解約までの手順

まず、ここで生命保険の一般的な解約手順の流れをご紹介したいと思います。

①生命保険会社へ解約の意思を伝える

②解約に必要な書類を準備する

③生命保険会社が解約の手続を行う

④解約の手続きが完了

「解約返戻金」がある場合は明細を受け取ります。

生命保険の解約をする方法

次に、生命保険の契約を解約する方法をご紹介していきます。

(1)生命保険会社の営業所窓口

契約をしている生命保険の営業所に直接出向いて、窓口で解約をする方法です。

0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_s

実際に窓口へ出向くので時間を作る必要がありますが、最も確実な解約方法になります。

各営業所の窓口で解約をする時には「15~20分」程の待ち時間で手続を行うことができます。

(2)営業担当者(保険募集人)

自分が加入している、各生命保険会社の営業担当者へ連絡をして解約をする方法です。

営業担当者を通して解約をする方法は、解約の手続が遅かったり解約を止める営業をされたりする危険もあるので、あまりおすすめができません。

344aefc14e6a44853b9d3935745d021a_s

解約に必要な書類を送ったのに手続きが進まないなどのトラブルは、営業担当者を通した場合に多いようです。

そのため、生命保険の解約はコールセンターや営業所窓口へ自分で連絡するなど、人に頼むのではなくなるべく自分で進めるようにしましょう。

(3)コールセンターに電話する

各生命保険会社のコールセンターへ電話をして解約の意思を伝える方法です。

電話が終了すると、後日解約の書類が郵送されてくるので、必要事項を記入して保険会社へ送り返して解約手続を行います。

73f0bdbf8dbcf3b21bb9fd3e9ddf5129_s

このコールセンターの手続は生命保険の解約では一番簡単な方法ですが、解約の書類を送り返す際に内容に不備が見つかった場合には解約までに時間がかかってしまうこともあるので、書類に記入をする際には漏れがないかよく注意をしましょう。

生命保険の解約に必要な書類

生命保険を解約する時には、窓口などに持参しなくてはいけない書類や持ち物があります。

保険会社側としては、少しでも契約を先延ばしをしたいので、必要書類がないとスムーズに解約が出来ません。

2aae5f522fa990f1c1877a91244f4dde_s

各生命保険会社によって必要な書類も異なりますが、解約前に下記の書類は事前に準備しておきましょう!
保険証券
保険証券は、各生命保険会社より郵送をされてきます。

この保険証券を紛失してしまった場合でも解約をすることはできますが、その場合は印鑑証明書(発行から3カ月以内)と印鑑が必要になります。
身分証明書
一般的な身分証明書「運転免許書、保険証、パスポートなど」を準備しましょう。
通帳(自分名義)
解約をする生命保険に解約返戻金がある時には、振り込みに必要な銀行口座を指定します。

解約返戻金の振り込み口座は、保険契約と同じ名義でなくてはならないので、必ず自分名義の銀行口座を用意してください。
契約時に使用した印鑑
保険証券に契約をする時の印鑑が押されているので、それと同じ印鑑を用意しましょう。
住民票
住民票の準備は各保険会社によっても異なりますが、必要な場合は各役所に届け出なくてはならないので、念の為に事前に準備しておきましょう。

生命保険で受け取る解約返戻金

貯蓄型の生命保険「終身保険、養老保険、学資保険など」の場合は、解約後に「解約返戻金」が受け取ることができます。

生命保険を解約する時には、保険会社に解約の連絡をして必要書類が郵送されてきますが、その必要書類と保険証券が合わせて保険会社へ到着したタイミングで保険契約が解約となります。

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s

解約返戻金は、解約に必要な書類(保険証券を含む)が保険会社へ到着をしてから「3~4営業日」で指定の口座へ振り込まれます。

土日・祝日と重なる場合には、約1週間ほどかかるので注意しましょう。

50万円以内の解約返戻金は税金が非課税

生命保険の解約時に受け取れる解約返戻金は「所得税の一時所得」とう扱いになります。

簡単に言うと解約返戻金は、受け取った返戻金の金額から払込んだ保険料の合計額を引いて、プラスとなった時に課税の対象になります。

8fd793a172ea39990e5c1cc62bceb459_s

この「一時所得の金額」とは、受け取った解約返戻金から払込保険料の合計額を差し引き、さらに50万円の特別控除を引いた金額になります。

この時に課税されるのは、一時所得の金額の「1/2」なので解約返戻金にはほとんど税金がかかりません。

【一時所得の計算式】

一時所得の金額 = 解約返戻金-払込保険料合計額-50万円×1/2

一時所得の金額は、受け取った解約返戻金から払込保険料の合計額を差し引き、さらに50万円の特別控除を引いた金額になり、税金の課税対象になるのは一時所得の金額の「1/2」となります。

【解約返戻金で税金がかからないケース】

①解約返戻金の金額が払込んだ保険料の合計額より少ない場合。

②解約返戻金の金額が「50万円」を下回る場合。

生命保険の解約以外の見直し方

生命保険の解約をする理由として、保険料が高くて解約を考えているという方は、保障を減らすことで保険料を安く見直すこともできます。

03b7a79e1a784e7716e40745462e85e3_s

生命保険の見直しは「生命保険の見直し時期と方法」で詳しく解説しているので参考にしてみてください!

生命保険契約の解約のまとめ

生命保険の解約をトラブルもなくスムーズに進めるためには、必要書類の準備は事前にしておきながら、解約の方法はコールセンターに直接連絡をして自分で手続を進めるようにしましょう。

そして、生命保険の解約に関する悩みは「保険のプロ」に相談することが最もおすすめです!

94e1a0819d1fd7a39c66cba2056f5903_s

「保険のビュッフェ」の保険の無料相談所では、保険の知識や経験が豊富なFP(ファイナンシャルプランナー)さんが「生命保険を解約したい」や「保険料が高くて保険を見直したい」など、あなたの保険に関する悩みを対談を通じて解決へ導いてくれます!

保険には、万が一の事を考えてなるべく加入することが望ましいですが、それ以上に保険は高い買い物です。

せっかく貯蓄型保険に入ったのに、保険料が高くて解約をすることになってはもったいないですよね?

7ee9e70bc3c6763eaef8a0ceff39f199_s

保険のビュッフェでは、担当のFPさんが解約以外にも「乗換え」「見直し」などのさまざまな方向性から、あなたにピッタリの保険を提案してくれます。

生命保険で解約をする前に、一度「保険のビュッフェ」の無料相談で悩みを打ち明けてみましょう。

関連記事

【サイト更新日】

2018-06-05

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る