記事の詳細

「変額保険」とは

変額保険は、保険料の一部を特別勘定としてファンド」において株式や債券で運用され、その運用の実績によって将来受け取れる保険金や解約返戻金が増減する保険のことです。

353c619272c4237061e0f2063e4fd5f0_s

この運用が上手くいかなくても死亡保険金は下がることなく、死亡保険金額は最低保障されています。

一般的な保険に比べても、比較的に支払う保険料は安くなります。

しかし、貯蓄としては運用リスクがあるため高リスク・高リターンな保険となります。

変額保険の特徴

変額保険には死亡保険金(高度障害保険金)は保証はされています。

しかし、満期保険金や解約返戻金については保証がされていません。

そのため、変額保険には“解約時の最低保障はない”ということを覚えておきましょう。

a687079609a12fa44f353f82ba936fb8_s

通常の保険は、払込んだ保険料の中から保険金の支払い資金として、積み立てをしている保険会社が運用責任を負います。

しかし、変額保険では契約者が運用責任のリスクを負うことになります。

一般的な変額保険の商品は、2つのタイプに分けられます。

特別勘定(ファンド)が単一タイプ

複数の特別勘定で組み合わせるタイプ

現在では、この複数の特別勘定で自由に組み合わせるタイプが主流になっています。

15747e82608f939e71c32b2d3d5329d4_s

各保険会社では、変額保険の商品にいくつかの運用対象(投資信託)を設定しています。

投資対象となるのは「日本株式、外国株式、外国債券、バランス型」などです。

それらを被保険者は自由に組み合わせ、自己の投資判断で運用を決定していきます。

変額保険の種類

変額保険は終身タイプの「終身型」と養老タイプの「有期型」の2つに分けられます。

どちらも死亡または高度障害になった時には基本保険金に加えて変動保険金を受取ることができます。

419ccbc454c3e83d99e3701b10dc3240_s

基本保険金については運用実績に関わらず、最低金額が保証されています。

そのために変動保険金で損をしてしまった場合も、基本保険金はしっかり受け取ることができます。

①有期変額保険

EoLIhsqhdvGAdts1441745599_1441745641

保障を一定期間のみ受けることができます。

10~30年の一定期間で運用を行って、満期時には運用実績に基づいた「満期保険金」を受け取れます。

満期保険金の最低保証はなく、死亡・高度障害保険金は運用実績によって変動します。

解約返戻金についても、運用実績によって変動して、最低保障もありません。

②終身変額保険

EoLIhsqhdvGAdts1441745599_1441745666

保障が一生涯続くタイプです。

保険料を一生涯または一定期間支払い、契約期間中なら死亡した時点で「死亡保険金」が受け取れます。また、死亡・高度障害時の保険金は最低保証されて、運用実績によって「変動保険金」が受け取れます。

解約返戻金も運用実績によって変動して、最低保証はありません。

変額保険のメリット・デメリット

ここで、変額保険のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

変額保険のメリット

変額保険の特徴は、保険料の運用が成功すれば多くの保険金を受け取れる可能性があるということです。

911dba9c7a2573a448f633a2788ee15e_s

でも、その特徴を活かし、インフレ時のリスク分散もできるというメリットもあります。

変額保険の運用対象には、投資信託における投資対象として「外国株式・外国債券」も含まれて、円建てではなく外貨建ての運用がされています。

34a17fc4cc59e627d0afb7c510a33e5b_s

そのため、もしも日本がインフレとなり日本円の価値が急速に下がってしまっても、外貨建ての商品を含んでいる変額保険は、定額保険に比べて資産の分散効果もありインフレ時のリスク分散も可能となります。

変額保険のデメリット

変額保険のデメリットは、運用実績に失敗してしまった場合、当初の保険金額を下回る元本割れのリスクがあることです。

また死亡保険金や高度障害保険金には最低保証がありますが、満期保険金や解約返戻金には最低保証金がないので注意が必要です。

70a286a30a2d6c1648724295e3763994_s

変額保険は、保険料の運用に成功すれば高リターンの可能性もありますが、同時に失敗すれば最低保証以外はほとんど受け取ることができない高リスクな保険でもあります。

変額保険の加入時には「高リスク・高リターン」であることを特に注意してください。

変額保険と投資信託

変額保険はファンドが運用するので、投資信託と同じような仕組みになります。

最近はインフレ対策としても、変額保険と投資信託はネットでも注目を集めています。

でもいったいどちらを活用すればいいのか、皆さんも悩まれたことがあるかと思います。

c722438242d4d97a0fe301974ee677d3_s

変額保障には死亡保障の機能があるため、投資信託より手数料がかかりますが死亡保障と貯蓄ができます。

一方、投資信託には死亡保障はありませんが、資産運用で貯蓄をするには変額保険よりも有効になります。

万が一の保障のことを考えると、死亡保障のある変額保険に加入する方が良いでしょう。

変額保険のまとめ

変額保険は運用の実績によって、受け取る保険金が変動する保険ですが。

この“変動”がするのは、死亡保障における最低保証以上の内容と途中解約時の解約返戻金や満期時の満期保険金(有期型のみ)です。

そのため、変額保険は運用リスクがありますが、解約を前提としない場合は保険料を安く抑えて、死亡保障も受けることができます。

2fcc89bb2489dabdd1d91d3537df6cda_s

また、死亡保険金額は最低保障がされているので、死亡保障を受けることが目的で加入する場合にはリスクもありません。

運用責任のみの自己責任でインフラ対策をしながら、死亡保障の最低保証を受けたい方には変額保険は最適な保険でしょう。

この変額保険は、変額保険販売資格者という資格がないと保険の営業マンや保険代理店の人も販売することができない商品のようです。

c35db59b64fd78d88ac15c20aac49cc4_s

そのため、商品によっては保険ショップや保険会社に相談をしても教えていただけない場合もあります。

私が実際に保険の無料相談を体験した「みんなの生命保険アドバイザー」の保険ショップでは、担当FPさんが資格を取得済みであったため、通常の保険と合わせて変額保険の詳しい説明を受けることができました

変額保険が気になるという方は、是非一度「みんなの生命保険アドバイザー」の無料相談を体験してみてはいかがでしょうか!

関連記事

【サイト更新日】

2017-08-17

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る