記事の詳細

保険のビュッフェ相続税対策の口コミ&評判

保険のビュッフェでは、生命保険だけでなく「終活に向けた相続税対策」も無料で相談することができます。保険の相談時と同じように、専属のFP(ファイナンシャルプランナー)さんが、生命保険を活用した適切な相続税の節税方法の提案をしてくれます。

保険のビュッフェの相続税対策はこんな人におすすめ\(^o^)/
生命保険を活用した相続税の節税をしたい人。
相続トラブルを避けれる相続分散をしたい人。
無料で相続や保険の悩みを解決したい人。

また、相続税については平成27年1月1日に新しく改正をされたので、相続税の相談前に「相続税の改正のポイント」を見ておくとスムーズな相談ができるでしょう。

優良な保険の無料相談所として、インターネット上の口コミ評判が高い「保険のビュッフェの相続税対策」はどのような提案なのでしょうか?

今回は、私が実際に体験した保険のビュッフェ相続税対策の口コミ&評判」をご紹介します。

保険のビュッフェ相続税対策の口コミの流れ

私が、実際に「保険のビュッフェ」の相続税対策を体験した口コミは下記の流れでご紹介します。

d94385ef3c16a41b88c02622fee65605_s

①公式サイトからの申込方法の紹介

②相続税の相談前におすすめの本の紹介

③面談までの担当FPとのやり取りについて

④実際に保険のビュッフェの相続税対策を体験した口コミ

⑤相続税対策の体験口コミと感想(勧誘など)

⑥保険のビュッフェ相続税相談の評判&口コミのまとめ

それでは、Web申込から体験口コミをスタート!

①保険のビュッフェの相続税相談へ申込

保険のビュッフェの相続税対策の相談の申し込みは「公式サイト」から行いましょう。

公式サイトでは「専門家に無料で相談して笑顔の相続」という緑のバナーをクリックすることで、申込の入力フォームへと進むことができます。

保険のビュッフェの申込

こちらが無料相談のフォームになります!

保険のビュッフェでは、保険の相談時と同じように「時間や日程」や「面談場所」の希望ができます。

ただし、無料相談の申込時には入力に誤りがないか注意しながら進めてください!

ビュッフェ 相続1

②相続税のプロのFPさんが書いている本

保険のビュッフェの相続税対策を体験する前に、是非読んでおきたいおすすめの本があります。

それは、保険のビュッフェの公式サイトでも登場をしている「一橋香織FP」が出版している本です。

IMG_7264

保険のビュッフェの相続税対策を無料体験することで貰える「エンディングノート」についても。

「一橋香織FP」によって作られているもので、私の担当のFPさんも尊敬をする相続税に関するプロのFPさんになります。

この本を事前に読んでおけば、相続税についての理解が深まるかと思いますので是非参考にしてみてください。

③担当のFPさんへ面談の連絡

私の場合は、以前に保険の相談でお世話になった担当のFPさんに「相続税対策がしたい」と相談をしてみたところ。

「私でよければ力になります」といって、快く面談のスケジュールを調整してくれました。

保険のビュッフェのFPさんは、相談後も自分の担当FPとして力になってくれるのでとても頼りになります!

相続税対策のお願いの電話をした「2日後」に、担当FPさんからメールが届きました。

2222

今回の面談も保険の相談と同じように、私の最寄り駅までFPさんが訪問してくれることになりました。

前回の喫茶店は雰囲気が落ち着かないので、近くで面談に向きの喫茶店をFPさんが見つけて教えてくれました。

新しい面談場所も地図やお店のURLも添付してくれるので、迷うことなく面談場所へ向かうことができますね。

33333

相続税対策をするにあたっての、確認事項も担当のFPが教えてくれたので。

面談当日もスムーズな流れで、相続税の対談を始められそうです。

保険のビュッフェの担当FPさんから、メールで連絡をいただいた「3日後」に私は相談に行ってきました。

④実際に保険のビュッフェで相続税対策をした口コミ

今回の「保険のビュッフェの相続税対策」は前回と同じ最寄駅にて相談を行いました。

担当のFPさんは、指定の最寄駅まで訪問可能なので仕事の合間でも予定を組みやすいです。

ネット上の口コミ評判が高い、保険のビュッフェの相続税の面談が今から楽しみです。

s_DSC01523

最寄駅の改札を出てから、徒歩「5分以内」の場所に面談場所の喫茶店がありました!

前回保険の相談を行った喫茶店の近くで、メールに地図も添付がされているので場所もすぐに分かりました。
s_DSC01502
こちらが今回担当のFPさんと「相続税対策の面談」を行う喫茶店になります。

前回の喫茶店とは違って落ち着いた雰囲気なので、ゆっくりと相続税の相談をすることができそうですね。

保険のビュッフェのFPさんは、面談場所の雰囲気も重視して喫茶店を探してくれるのでとても安心でした。s_DSC01507

私は面談の予定時間よりも30分ほど早く到着したので、相談内容をまとめながら担当のFPさんを待ちました。

そして、喫茶店に着いたことメールで連絡をすると、担当FPさんがすぐに連絡の返事をくれて。

メールで連絡をした「10分後」には、担当のFPさんが到着をしました。

恐らく担当FPさんは、面談時間の「15分前」には喫茶店に到着する予定だったのでしょう!
IMG_7250

担当FPへ相続税の相談をしてみました

保険のビュッフェのFPさんとの面談は、父親の相続財産の金額の確認から始まりました。

担当のFPさんによると相続税の課税対象となる金額は、相続財産の評価額から相続債務(借金など)を差し引いた金額を算出して計算をされるようです。

<相続財産>

・家屋(自用家屋)

・宅地(市街地にある宅地)

・普通預金

・生命保険の死亡保険金など

そして、相続財産には「基礎控除」があるため基礎控除額を活かして、相続税の課税となる金額を減らすように相続財産を調整する方が良いそうです。

<相続税の基礎控除額の算出方法>

3000万円+600万x法定相続人の数

私の場合は、「私」「姉」「母」で法定相続人は3人なので相続税の基礎控除額は「4800万円」になりました。

相続税は、相続する財産を減らすことで負担の軽減ができるので「生前贈与」を活用し。

父親が生きている間に名義を変更する(土地の所有者など)方法で、相続財産の対象から外せるというアドバイスもいただきました。IMG_7246

保険のビュッフェの担当FPは、自分の父親の相続をした時に「借入金」で苦労をした過去などの。

実体験エピソードを交えながら説明をしてくれたので、相続税の話も近い距離で話を伺うことができました。

担当のFPさんからは、普通預金は死後に口座の「凍結」によってお金がしばらく引き出せなくなり。

お金が残ったままになると、相続税の支払いができなくなることがあるので。

最低限のお金を預けておく程度に抑えて、生命保険の保障を買いましょうとアドバイスをいただきました。

⑤相続税対策を体験した口コミと感想(勧誘など)

今回、担当のFPさんが相続税の対策として生命保険の活用をおすすめするポイントは下記の3つがあります。

生命保険の「非課税枠」を活用できる

相続人へ生命保険が支払われる場合には、「みなし相続財産」として相続税の課税対象となりますが。

一定の金額までなら、非課税財産として相続税の課税対象から外すことができるようです。

<生命保険の非課税枠>

500万円x法定相続人の数

私の場合は「私」「姉」「母」の法定相続人は3人なので「1500万円」までは非課税枠の活用ができます。

そして、法定相続人がそれぞれ死亡保険金を受取る場合には「500万円」までなら相続税の課税対象から外せるようです。

例えば、普通預金の口座に「1500万円」のお金がある場合は「1500万円」で、終身保険の死亡保障を「一括購入」して。

受取人を私に「500万円」姉に「500万円」母に「500万円」すれば、

本来は普通預金にあることで、相続税の課税対象となるお金を非課税で各相続人へ残すことができます。

011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_s

担当のFPさんは、現金預金として1500万円以上のお金が眠っているのであれば。

保険の保障に変える方法で、生命保険金の非課税枠をフルに活用しましょうとアドバイスをしてくれました!

また、現金預金のお金を減らして相続分散をするために「1500万円」の死亡保障で非課税枠を活用し。

老後の介護生活も考えて、「介護保険」にも加入をしておくこともおすすめをされました。

生命保険は「受取人」を指定できる

担当のFPさんによると、生命保険の死亡保険金は受取人の指定ができる点もポイントだと言っていました。

通常、普通預金や土地建物などの相続財産については「遺言状」がない限りは受取人を指定ができないので、兄弟の間などで相続トラブルが起こることも多くあるようです。

c94a8fc225885ccd87b83ca4dc064f31_s

一方で生命保険金は、確実にお金を渡したい人に残すことができるので。

生命保険に加入を受取人を指定しておくことがおすすめです。

また、相続時に役立てたい「遺言書の書き方はこちら」を参考にしてみてください。

生命保険はすぐに「現金化」ができる

保険のビュッフェのFPさんが、保険に加入をするのをおすすめした理由には「現金化」があります。

普通預金の場合は、契約者が死亡してしまうと口座が凍結をして現金を下ろせなくなってしまい、凍結を解除するためには親族のサインなどを集める必要があるので、手続きにも時間がかかります。

24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s

通常相続税は、相続の発生後に10日以内に「現金一括納付」にて納めなくてはならないので。

相続時には、かなりのお金を準備しておく必要があります。

生命保険の死亡保険金は、保険会社へ保険金の請求をしてから1週間で保険金を受取ることができるので。

すぐにお金へ現金化ができて、相続税の納税に向けた準備をすることができます!

「エンディングノート」が貰えました

公式サイトにも記載がされていますが、保険のビュッフェでは相続税対策の無料相談をすることで「エンディングノート」を貰うことができます。

私の場合は、以前に生命保険に関する相談で保険のビュッフェを利用していたので。

担当のFPさんにお願いしてみたところ、「保険の相談で知り合ったのも何かの縁なので」といって面談時にプレゼントして頂きました。

この時、保険のビュッフェのFPさんは、本当にお客さん一人一人を大事にしてくれていると改めて感じました。

IMG_7263

保険の勧誘についても、保険に加入をしておくのはをおすすめはされたものの。

「無理な勧誘」や「商品の押し売り」といった提案は一切ありませんので、安心して話を聞くことができます。

こちらのエンディングノートは、相続税のプロで有名なFPの方が作った非売品の“オリジナル”のエンディングノートで。

相続財産の内容や加入済みの保険商品など、細かく記入できるので「終活」に向けて大変に役立つアイテムとなっています。

私は、早速エンディングノートを実家の父親にプレゼントをしようと思います。

⑥保険のビュッフェ相続税対策の口コミ&評判まとめ

私は、今回の保険のビュッフェの相続税対策の面談を通じて「生命保険」の大切さ改めて実感しました。

生命保険に加入することは、残された遺族の生活を支えるためのお金を残すだけでなく。

遺族が相続税の納税で困らないように、財源を確保することにもなります。

現金預金や土地建物が残っているから、死後は困らないだろうという訳ではなく。

相続税は、遺族が「現金一括納付」にて納めなくてはならないので。

自分の死後も、すぐにまとまったお金を準備ができるように、非課税の範囲内で「保険金」を確保すると良いでしょう!

IMG_7268

また、相続税についてはご各家庭で「法定相続人の人数」や「相続財産の評価額」も異なり。

それぞれで相続税の対策についても異なりますので、自分の家庭環境に適した相続税対策を見つけるためには、やはり保険のプロであるFPへ相談することが一番です。

相続税対策のために保険に加入するといっても、自分が何の保険に加入すれば良いのかは分かりませんよね。

保険のビュッフェでは、財産や法定相続人などの各家庭の状況に合わせて「相続分散」「生命保険」を活用した適切な相続税対策をアドバイスしてくれます!

c097068b302532e28fbc872999353b4d_s

今回の面談を通じて、生命保険金を活用した相続税対策のレクチャーは受けましたが。

無理な勧誘や押し売りをされることは全くなかったので、安心して相続税の相談もすることができました。

保険のビュッフェの担当FPさんは、「相続税の相談がしたい」という私の無理な相談にも親切に対応をしてくれて。

カスタマーセンターで断られているのにも関わらず、エンディングノートも用意してくれるなど、本当にお客さんのために動いてくれる方だと思いました!

皆さんも、是非「保険のビュッフェの相続税対策」へ無料相談をすることで、自分の家庭に適した相続税の対策方法を見つけ出してみてください。

保険のビュッフェ相続税対策バナー

関連記事

【サイト更新日】

2017-11-26

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る