記事の詳細

保険会社が「倒産・破綻」した時の保険金の保障リスク

皆さんも、生命保険に加入していて「契約中の保険会社が破綻したら保障はどうなるのか」や「学資保険は倒産をしても満期保険金が受取れるのか」ということは、加入後でも気になるポイントだと思います。

419ccbc454c3e83d99e3701b10dc3240_s

保険会社は会社再生法で再生処理ができますが、被保険者にはどのような処理が行われるのでしょうか。

そこで、今回は生命保険会社が破綻した時の保障と倒産のリスクについて解説をしたいと思います。

生命保険契約者保護機構

生命保険会社が破綻をしてしまった時には、契約者は「生命保険契約者保護機構」によって保護されます。

生命保険契約者保護機構は、平成10年に設立されてすべての保険会社が加入をしています。

生命保険会社が破綻・倒産してしまった場合には、保障の内容を他の保険会社へ引き継ぐことができます。

46c74839b80eeef665e4aea59b74dc8d_s

この時の保険契約の移転の手続などを、生命保険契約者保護機構ではサポートしてくれてます。

また、保護機構では破綻時点の保険契約の責任準備金の90%までを補償してくれます。

「高予定利率契約」の保険は対象外。

契約中の保険会社が破綻をしても保障がなくなることはありませんが、保障が減額したりと契約が不利になることがあるので注意しましょう。

保険会社が破綻・倒産した時

(1)救済保険会社が現れたケース

破綻保険会社の保険契約は「救済保険会社」によって継続することができます。

生命保険契約者保護機構は、救済保険会社に対して保険契約の移転や株式所得などの経営面もサポートします。

(2)救済保険会社が現れないケース

救済保険会社が現れない時の方法は、2つあります。

承継保険会社へ契約を承継する場合

保護機構が設立する子会社「承継保険会社」へ保険契約が承継されます。

e95eb7acb2abd66453382115549e78af_s

保護機構自らが引き受ける場合

保護期間自らが保険契約を引き受けて、破綻後も継続がされます。

保険会社の破綻・倒産リスク

保険会社が破綻することで契約条件が変更になる場合がありますが、破綻に伴う契約変更で不利になる2つのリスクをご紹介します。

(1)責任準備金の削減

責任準備金とは、生命保険会社が将来の保険金、年金、給付金などの支払いに向けて積み立てるお金です。

保険会社が破綻をしても、保護機構が破綻時点の保険契約の責任準備金の「90%」までを補償してくれます。

34a17fc4cc59e627d0afb7c510a33e5b_s

しかし、責任準備金は保険金や年金額などが90%補償されているものではなく、破綻した時点で溜まっているお金の90%を補償することなので注意しましょう。

破綻した保険会社の債務経過でも異なりますが、最悪の場合は責任準備金が「10%」削減することになります。

(2)予定利率の引き下げ

予定利率とは、保険会社が契約時に予測した保険料の運用利率のことです。

予定利率の分だけ保険料は割引されていて、予定利率が高いほど保険料は安くなりますが。

0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

保険会社の破綻・倒産によって、保険契約の移転などが行われた時には予定利率も引き下げになります。

そのため、保険会社の破綻後は契約時の「保障額・解約返戻金・満期保険金」の金額を下回ることがあります。

学資保険に対する悪影響

責任準備金の削減や予定利率の引き下げの影響を受けやすいのが、学資保険や終身保険などの「貯蓄型」です。

定期保険などの掛け捨て型の場合は、積立額も少なく予定利率や保険金額が減少する幅は小さくなりますが。

学資保険や終身保険などの貯蓄型保険の場合では、積立額が大きく予定利率の影響も受けやすいので保険金が減少する幅も大きくなります。

b2376f5af4215078147f30758698ac9b_s

その他に「予定利率が高い時期の保険」や「満期までの期間が長い保険」などの場合も影響が受けやすいです。

学資保険は、将来の子供への貯蓄も考えて予定利率の高い保険で契約したり、満期までの期間も15年・18年と長期間のため破綻や倒産のリスクも受けやすい保険です。

破綻のリスクを避けるために

保険会社の破綻・倒産リスクを避けるには、経営状況が安定した保険会社で適切な保険を選ぶことが大切です。

ここでは、破綻や倒産のリスクの低い安定した保険会社に契約するための2つの方法をご紹介します。

格付け・ソルベンシーマージン比率を確認

・保険会社の格付けとは

スタンダード&プアーズやムーディーズなどの第三者機関が各保険会社の財務力を格付けしたもので、保険会社の財務成績表のように下記のランクで表記をされます。

AAA → AA → A → BBB → BB → B → CCC → CC → C

この財務格付けは「A以上」で安全といわれていますが、必ずではないため加入している保険会社の経営動向は確認を続ける必要があります。

・ソルベンシーマージン比率とは

ソルベンシーマージンとは、保険会社の経営状態の健全性を示した支払能力です。

通常の予想されるリスクに対して、どれだけの余力があるのかの指標で「200%」を超えていると安全です。

011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_s

ソルベンシーマージン比率は高い方が安全なため、最低ラインの2倍「400%」で探すと良いでしょう。

保険のプロであるFPに相談する

私が、安定した保険会社を選びで最もおすすめするのは「保険のプロに相談」をする方法です!

確かに保険会社の格付けやソルベンシーマージン比率を確認すれば、保険会社の経営状況を図ることができますが数値上は安全であっても、今の保険会社が10年後も必ず存在するということは断言できません。

そのため、一つの保険会社で全ての保険を備えるのではなく、保険商品ごとに複数の保険会社で分散して加入することで倒産のリスクも回避することができます。

f09a5aa57474507bfc5dabb8d75042d1_s

「保険のビュッフェ」では、特定の保険会社に属さないFPさんが20社以上の豊富な保険商品の中から、あなたに合った適切な保険プランの提案をしてくれます!

実際に私が相談をした時には「〇〇保険会社は過去に倒産をしたから保険料が安くても加入しない方がいい」などのアドバイスも担当のFPさんはしてくれました!

保険のビュッフェのFPさんは、保険会社の「メリット・デメリット」も隠さず説明してくれるので安心して保険プランの提案を受けることができます!

是非、あなたも保険会社や商品選びで困った時には、保険のビュッフェのFPさんの力を借りてみましょう!

関連記事

【サイト更新日】

2018-04-03

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る