記事の詳細

保険の見直し方&見直し時期と注意するポイント

保険は加入をしてからは、ずっと同じ保険で契約を続けることではありません

「結婚」「出産」「進学」などのライフステージの変化で、保険も新しく見直しをする必要があります。

7f41397390c734746c90976dfab86d42_s

今回は、あなたの保険の見直し方と見直し時期や注意するポイントなどをご紹介していきます!

保険の見直し方

皆さんも、さまざまな理由で保険の見直しを検討されることがあるかと思いますが。

生命保険は、高い保険料を支払い高額な保障を確保すれば良いというものではありません。

03b7a79e1a784e7716e40745462e85e3_s

各ライフステージに沿った、その時必要な保障を適切な金額で整えることが保険の見直しではとても大切です

保険の代表的な見直し方法をご紹介したいと思います。

<代表的な保険の見直し方>

(1)保険料(保障)を減らす

(2)保障を増やす

(3)保険料の支払いを止める

(1)保険料(保障)を減らす方法

ejZsh30MZfe4RZH1453992668_1453992712

①保険金の減額する

保険金として確保している保障の金額を減額させることで、支払う保険料も安くすることができます。

②特約を解除する

主契約の保険に付属する“特約”の部分を解除することで保障を減らし保険料を抑えることができます。

(2)保障を増やす方法

ejZsh30MZfe4RZH1453992668_1453992740

①中途増額する

現在契約している保険の保障額(保険金)の金額を大きくすることです。

→増額の保障額分は、中途増額時の年齢で計算されるので保険料は高くなります

②契約を追加する

現在契約している保険に加えて、新しく保険を追加契約して保障を増やす方法。

→契約時の告知・診査が必要です。

③特約の中途追加

現在の契約している保険に特約を追加することで保障を増やす方法。

→特約の保険料は、中途追加時の年齢と保険険料率で計算されるので保険料は高くなる

④解約後に新規加入する

現在契約している保険を解約して、他社の保障が充実した保険に新規加入することです。

→解約する保険が“解約返戻金”がある種類であれば、それを新規保険に充てて保険料を抑えることもできます。

(3)保険料の支払いを止める方法

wkKNlfzEoZqukle1453992770_1453992793

①払済保険

保険料の支払いを中止して、その時の解約返戻金を基に“同じ保障期間”“同じ種類”の小さい保障に変更する見直し方法です。

(例)養老保険→養老保険へ

これにより途中で保険料の払込は終了して、保険金が減額され付加していた特約も無くなります

②延長保険

保険料の支払いを中止し、その時に貯まっていた解約返戻金を基に“同じ死亡保障”“定期保険”へ見直す方法。

払済保険と同じように、それまでの特約は無くなり定期保険の死亡保障のみが残ります。

保険の見直し時期

長い人生の中では、生命保険の見直しを考える機会も多くあることでしょう。

「結婚」「出産」などの各ライフステージで必要な保険も変わってくると思います。

18145b8249d4f4a63b895ba91122be24_s

保険を見直しが必要な時期を簡単に紹介していきます。

(1)婚約や結婚する時

結婚や婚約をして、守るべき人ができた時に保険の見直しは必要でしょう。
064bd7b864787bebd45eacef13b7e3e9_s

万が一の時に大切な人の生活も守れるように死亡保障額は特に見直しが必要です。

死亡保険金の受取人も配偶者へ変更が必要。

(2)妊娠や出産する時

c7477839714df3374b4a71bd33bad839_s

妊娠・出産によって新しい家族が増える時には、万が一の時に家族の生活を支えることのできる充分な金額の保障は備えておきましょう。

(3)子供が進学する時

子供は“教育費”などで一人を育てのにはかなりの費用が必要になりますので、教育資金に向けた貯蓄型保険も検討されると良いでしょう。
193043fe381301244889c7d983238b5a_s

 

(4)子供が独立する時

子供が社会人となり経済的に独立した場合は、保険は必要な保障のみに絞り込みましょう。
子供にはお金がかからなくなりましたが、今度は自分たちの老後に向けた費用が必要となります。

bsPAK77_telsuruoff20140823093027

退職後の生活費の備えや入院に向けた医療保険も検討すると良いでしょう。

保険を見直す時の注意点

保険の見直し時に注意することは、必要・不要な保障をしっかりと明確にすることです。

保険料を安くしようと不要な特約を解除することは、掛け捨て部分のため損をする心配はありませんが。

死亡保障の部分を減額させ、保険料の負担を軽くしようとする時には注意が必要です!

419ccbc454c3e83d99e3701b10dc3240_s

見直す時期にもよりますが、結婚や出産で家族の生活を守っていくためには充分な保障額の確保が必要です。

必要保障額の不足時には、途中で保障を増額させる方法もありますが結果として保険料が高くなります

保険の見直しでは、保険料を抑えるため安易に保障を解除して必要な保障が不足しないように注意しましょう。

生命保険の見直しのまとめ

生命保険の見直しは「結婚」「出産」などの人生の節目に合わせて、見直す時期が異なるので保険で必要な保障額も変わっていきます。

「保険料を安くしたい」「保障を増やしたい・減らしたい」などの見直す目的も人それぞれで異なりますが。

保険の見直し時には、各ライフステージに合わせた無理のない保険料で、適切な保障を備えることが誰もが望ましい保険のあり方ではないでしょうか。

そんな保険の見直しでおすすめなのが“保険の無料相談で見直しのプロへ相談する方法”です!

82f03e2f34742a2b81777059556de0de_s

「保険のビュッフェ」という保険の無料相談所では、生命保険に関する知識が豊富なプロのFP(ファイナンシャルプランナー)さんが対談を通じて、あなたの希望を伺いながら最適な保険プランの提案をしてくれます

保険のビュッフェのFPさんは、特定の保険会社に属さないので豊富な取扱の商品を比較しながら、現在のあなたのライフプランに合った保険を探し出してくれます!

保険の見直しでお悩みの方は、是非一度保険のビュッフェ」へ無料相談をして、自分にピッタリな保険を見つけ出しましょう!

関連記事

【サイト更新日】

2018-04-03

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る