記事の詳細

終活で保険の相続対策!エンディングノート&遺言状の書き方

近年、死後の葬儀やお墓の準備、遺産の相続問題に備えるために“終活”がブームなのはご存知でしょうか?

生命保険を含む財産の相続トラブルを避ける対策としても、終活を通して生前からエンディングノート・遺言状の準備を進めることはとても大切なことです。

18145b8249d4f4a63b895ba91122be24_s

今回は保険や財産をスムーズに遺族へ相続するため。

エンディングノート・遺言状の内容、書き方、注意点などの作成時のポイントを解説したいと思います。

「終活」とは

最近よく耳にする終活という言葉ですが、「終活とはどんな活動なのか」を簡単に説明をしたいと思います。

終活とは、自分の人生の最後を順調に締めくくるため、エンディングノート・遺言状の作成、葬儀・お墓などの手配、私物などをまとめて終焉に向けた準備をする活動のことをいいます。

889ec7c9741efb98425e45312a9765df_s

エンディングノートや遺言状を書き残すことは、自分だけでなく家族が困らないためにもとても大切です。

「エンディングノート」とは

エンディングノートとは万が一の時に備え、自分の意思や考えやメッセージなどを家族へ書き残しておくノート(メモ)のことをいいます。

エンディングノートは、財産以外にも葬儀やお墓について延命治療の意思の希望なども書き残せます。

1ab48ef30a891175a1925e130849cb66_s

また、認知症などで意思疎通能力が無くなった時には生い立ちも示すことができるので、生きている時もエンディングノートは活用することができます。

エンディングノートを始める前に

エンディングノートには、決まった書き方がなく自分が書き残したい内容を自由に書くことができます

そのためエンディングノートは遺言書のような法的な効力がないので注意が必要”です。

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_s

遺産相続に関係する内容については、エンディングノート以外の遺言書にて書き残しましょう。

この時にエンディングノートには、遺言書の保管場所や作成日時などの情報を書いておくと有効です。

エンディングノートの注意点

前述でご紹介したように、エンディングノートには遺言状と違って相続時の法的な効力がありませんので。

エンディングノートでは、中途半端に財産の内容に触れてしまうと相続時のトラブルにも繋がります。

遺産相続に関する法的内容は遺言書にて、しっかりと記述することを覚えておきましょう。

エンディングノートの書き方

エンディングノートは、内容を自由に書くことができるので書かれている内容も人それぞれです。

ここで、エンディングノートに多く記述されている項目をご紹介したいと思います!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-YUKA863_korekore15202501-thumb-1000xauto-19064

自身の生い立ち(自分史)

これまでの人生を振り返りながら、生まれた後の生い立ちを書き残しましょう。

今まで歩んできた人生を年表でまとめた、自分史を作ることも良いでしょう。

介護や治療について

病気や介護で意思疎通ができなくなった時の希望を書き残しましょう。

昏睡状態になった時の延命治療」や脳死状態になった時の「延命措置」、要介護が必要な「認知症」となった場合の希望など。

葬儀やお墓について

葬式をする・しないの希望やお墓の用意や散骨の希望を書き残しましょう。

また、宗教によっても葬式の形式も異なるので、自分の考えに基づいた希望を残しましょう。

財産や貴重品について

財産や貴重品などでは、保管場所と品物の記録をしておきましょう。

また、財産を記録する時には「プラスの財産」「マイナスの財産」を隠すことなく書くことが重要です!

マイナスの財産では、人から借りたお金などを記述するためなかなか書きづらいかと思いますが。

残された家族がプラス・マイナスの財産を確実に把握するためにもしっかりと書き残しましょう。

プラスの財産

不動産、預貯金、有価証券、貴金属、美術工芸品、貸付金、生命保険(保険会社名、保険証券の場所)など

マイナスの財産

借入金(借金)、ローン(住宅や自動車など)、税金、クレジットカードなど

遺言状・遺言書について

00745a4eecdb6d34a9ae1f15ceb64e65_s

遺言書には「普通方式」「特別方式」の2種類の遺言書があります。

特別方式には「難船危急時遺言」という遺言の種類がありますが、一般的には普通方式が多く使われるため今回は普通方式の遺言をご紹介します!

普通方式の遺言

普通方式の遺言には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つの種類があります。

その中でも自筆証書遺言は、紙と筆記用具と印鑑さえあれば費用もかからずに誰でも簡単に作成ができます!

5042f6f594ab25b4387859ed306349a0_s

一般的にも広く知られているタイプで、ドラマなどでも良く見られる直筆された遺言状(遺言書)にもなります。

しかし、費用がかからないというメリットもあれば法的効力が無くなるというデメリットもあります。

そのため、直筆証書遺言を作成する時には特に書き方には注意をしましょう!

自筆証書遺言の書き方

ここでは、自筆証書遺言の書き方のポイントをご紹介したいと思います。

f74a0299332c4b3052ae7cef39ec18b7_s

全文直筆にて残すこと

遺言の内容、日付、署名などは全て直筆で書きます。

パソコン・ワープロなどは法的効力がないため注意が必要です。

正確な日付を記入

「10月吉日」などの成日が特定できない内容は無効

正しく遺言書と記入

「遺言」を誤って「遺書」と書かないように注意。

署名・押印する

印鑑は認印でも問題ありませんが実印がおすすめ。
また、封筒時には遺言書と合わせて印鑑証明も同封しておきましょう。

<用紙や筆記用具などは自由

遺言書の縦書き・横書き、用紙の制限はありません。

筆記用具は、ボールペンや万年筆などが使用できます。

保険の相続と終活のまとめ

今回は終活としてエンディングノートや遺言状の書き方をご紹介させていただきましたが。

ご加入の生命保険や医療保険の情報も、エンディングノートに記述すれば万が一の時に活用できます

医療保険は生きている間の医療に関する費用を保障できる保険ですが、本人が活用することなく終わってしまうことが多いようです。

せっかく生前から保険料を払っていても、昏睡状態や脳死状態になった時では意思疎通ができないため家族に伝えることもできません。

b6ee1f899978f48218f6f81c982ae9af_s

生命保険による保険金も家族が請求の手続きを行うので、残された家族の生活を支える財源となる保険の情報はしっかりとエンディングノートに書きましょう!

また、あなたに万が一のことが起きて、家族が財産を相続した時には相続税”が課せられますが。

生命保険は、相続税の課税対象外となる課税枠があるため、相続税の対策をすることができます。

本サイトでは、「生命保険の非課税枠を活用した相続対策」をご紹介しているので参考にしてみてください。

関連記事

【サイト更新日】

2017-11-26

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る