記事の詳細

保険のクーリングオフ期間とハガキの書き方

皆さんも、生命保険の営業マンの訪問販売などで保険に加入したご経験はありませんか?

そんな保険の契約も「クーリングオフ制度」によって取消をすることができます!

1fab47bca3e15295ed3768e19bdf83b6_s

今回は、クーリングオフで保険を契約を取消する時のハガキの書き方や取消期間の注意点などを解説します。

保険も申込後に取消ができる

一般的なクーリングオフは割賦販売や訪問販売で購入や契約をした時に、一定の期間内なら契約を解除することができる制度のことです。

このクーリングオフ制度は、無理な訪問販売などから消費者を守ることを目的としていますが保険商品についてもクーリングオフは該当されます!

「クーリングオフ制度」とは

皆さんも、一度は誰もが「キャッチセールス」「訪問販売」の対応の経験があるかと思いますが。

通常、一度契約を結んでしまうと簡単に取消をすることはできませんが、訪問販売やキャッチセールスで消費者が検討する時間もなく購入を強要された場合は、申込のキャンセルや契約の取消をすることができます。

d1a4352d8a657013c2b365f2c48302be_s

保険商品でクーリングオフが行われるケースには、契約の保険会社と消費者(契約者)との間に保険契約の理解に誤りがある場合、消費者(契約者)が自体が保険契約の内容を誤って理解している場合が多いそうです。

保険契約をクーリングオフで取消をするには、いくつかの条件があるのでここで確認をしてみましょう。

契約後すぐに直接連絡して取消

保険の契約直後に「やっぱり取り消したい」「考え直したい」と思ってしまったことはありませんか?

そんな時には「保険の契約の取り消しならクーリングオフをすれば良い」と考えるかもしれませんが。

保険の申込後から「1日~2日」程の短い期間であれば、契約が成立する前なら電話で契約を取消をすることができます!

b7a96c96d6725be7d8a383a9c9842f70_s

保険は加入時に契約書などの書類の記入しますが、保険会社はこれらの契約書や告知書を基に「3日~14日間」の間で契約に必要な審査」をします。

契約書の審査期間は、各保険会社で期間が異なりますが審査期間内であれば電話で申込の取消が可能なのです。

クーリングオフを活用しても保険の契約は取消が可能ですが、クーリングオフは保険会社と消費者(契約者)との間で書類のやり取りが必要になるので契約の取消に至るまでに時間がかかってしまいます。

22a117a99eeec65e60655919b4251dec_s (2)

また、保険のクーリングオフには“8日以内”という条件があるため、書類のやり取りをしている間に期日を過ぎてしまう場合も考えられるので注意が必要です。

保険の契約後にすぐに取消・キャンセルをしたい場合は、担当の営業マンや各保険会社へ“1~2日を目安”に電話で直接連絡を取ってみてください。

保険の契約取消を直接確認をしてみて、もし取消ができないようであればクーリングオフによる保険契約の取消を行いましょう!

クーリングオフの9つの注意点

ここで注意をしていただきたいのは、すべての保険契約がクーリングオフの適用にならないということです!

6aadbba7da65b2c127d6d010932a6fbd_s

クーリングオフ制度は、突然の訪問販売で消費者が良く考える間もなく商品の購入契約をしてしまった場合に消費者を保護する制度になるので、消費者が代理店やショップなどの窓口へ直接出向き、充分な説明を受けた上で契約をした場合はクーリングオフの対象になりません

下記のような場合は、保険でクーリングオフが適用にならないので注意してください!

(1)契約後に8日間を過ぎている場合

(2)保険会社が指定する医師の診査後の場合

(3)保障期間が1年以内の商品に契約した場合

(4)事業のために契約をした場合

(5)契約者が法人、社団である場合

(6)保険契約の連絡を受けた上で「保険会社・代理店・銀行」の窓口で契約をした場合

(7)契約済みの保険の増額や変更による場合

(8)消費者(契約者)が自ら指定する場所で契約を行った場合

(9)通信販売で購入した場合(ネット生保など)

これらの場合は保険契約のクーリングオフができませんので、保険契約のキャンセルをする場合にはなるべく早めに直接保険会社に連絡をしましょう!

保険会社のクーリングオフの期間

クーリングオフができる期間は法律上で8日間と定められていますので、保険もクーリングオフできる期間は8日間となります。

327d184be9d8a8837052430e579b04d9_s

そのため、8日間より短く期間を定めている保険会社はありませんが、「10日間・15日間」などと長めに期間を定めている保険会社もあるようです。

一般的に保険のクーリングオフは、クーリングオフに関する書類の受取日や申込日が期間の開始日となります。

・書類の受け取り日

・申し込み日

上記のどちらか遅い日から、その日を含めて8日以内であれば申込みの取消をすることができます

クーリングオフができる期間や開始日は保険会社で異なるので、契約時には確認をしておきましょう。

クーリングオフ申込時のハガキの書き方

保険のクーリングオフの申し込み方法は、ハガキや内容証明郵便などの証明ができるもので行うこと多いです。

これらの書類は必要事項を記入して、代理店ではなく直接保険会社へ郵送してください。

a7d946acd84e8c3db4d08c4ff3240ed2_s

申請日は郵便局の消印の日になります。

クーリングオフの申込時に書類に記載をする、内容の書き方の一例は下記の通りです。

キャプチャ

生命保険とクーリングオフのまとめ

今回は「生命保険をクーリングオフで契約解除をする方法と注意点」をご紹介させていただきましたが。

クーリングオフで保険契約を撤回をするには、何よりも“早めに連絡する”ことがポイントになります。

営業マンから勧誘をされて、つい申込んでしまった時にも申込から1~2日間であれば電話で取消ができます。

4166974e7688c7d84ba5e4201a6255fc_s

申込から8日間であれば、クーリングオフにて取消もできるので、契約の取消をしたい時には早めに連絡することがとても大切です!

保険の申し込みから時間が経っていたり、契約時の状況などでクーリングオフが適用にならない時もあります。

訪問販売にて保険の勧誘を受けた場合には、クーリングオフができる期間を営業マンに確認しておきましょう。

自分で足を運んで提案を受けた保険会社・代理店・銀行などの窓口の場合は、クーリングオフの対象外になるので契約内容はしっかりと確認しておきましょう。

関連記事

【サイト更新日】

2018-04-03

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る