記事の詳細

「収入保障保険」とは

近年、生命保険の中でも注目を集めている保険が「収入保障保険」です。

この収入保障保険は、生命保険に含まれる死亡保険の一種です。

b6ee1f899978f48218f6f81c982ae9af_s

契約時に定めた保険期間内に被保険者(契約者)が万が一に死亡してしまった場合、死亡保険金を一括ではなく毎月(毎年)決められた金額を遺族が受け取るタイプの生命保険です。

064bd7b864787bebd45eacef13b7e3e9_s

毎月(毎年)の支給によって、遺族の日常の生活費を補うことができることから、各保険会社の間では「家族収入保険」「家計保障定期保険」とも呼ばれています。

収入保障保険の種類

収入保障保険には、2つの種類があります。

55c14138914af011743742b5ac847f09_s

【年々減少していくタイプ】

残りの契約期間に合わせて、保険金を遺族が受取るタイプです。

残存期間は時間の経過と共に減るので、受け取れる保険金も減っていきます。

【ずっと変わらず一定のタイプ】

被保険者が期間中のいつ亡くなっても、遺族が保険金を受取れる期間は10年、20年と決まっているタイプ。

最初から受取る期間が決まってしまってるため、受取る金額も亡くなった時期に関わらず常に一定金額が保たれます。

収入保障保険の特徴

収入保障保険は、掛け捨てタイプの保険のため、安い保険料で大きな保障を受けることができます。

同じ死亡保障の終身保険や養老保険よりも保険料が安く、また普通の定期保険よりも安めです。

26f6803347dfede1ef22c725361bbabc_s

保険金を一時金ではなく“年金や月給支給の方法”で、お給料のように少しずつ受け取ることができます。

そのため給付金が把握しやすく、残された遺族もお金を計画的に使うことができます。

収入保障保険の保険料

収入保障保険は、掛け捨てタイプのため、保険料が安いことが特徴です。

しかし、収入保障保険は時間が経過すると保障も減っていき、受取保険金も少なくなってしまいます。

(例)保険期間が異なる場合

①保険開始して間もなく死亡した場合。

→満了まで時間があるため、受け取れる保険金は多め。

②保険期間満了を目の前にして、死亡した場合。

→受け取る期間がないため、受け取れる保険金も少なめ。

この様に、保障が段々と減っていくタイプの保険は、年齢を重ねた時のリスクや保険料が高くなる時期の保障を補うことができます。

69b585ab396a6f328b4f4b888d8a5305_s

また、保障期間中も保険金がずっと変わらない保険の場合は、時期を重ねることで保険料も高くなりますが、保障が減っていくタイプの場合は保険料も安くなります。

収入保障保険は“今すぐ高額な死亡保障を受けたい方”にとって保険料も安くておすすめの保険です。

収入保障保険の割引サービス

収入保障保険には、特別に保険料の割引サービスがあります。

1fa1d6a93d74ced3b2abb825a3cc724e_s

健康に対する意識が高く、死亡のリスクが抑えらる人には割引が適用されます。

・非喫煙者
・非肥満者
・ゴールド免許取得者

収入保障保険の保障期間

収入保障保険の保険期間は、定期保険と同じように加入時に設定をします。

(例)60歳までの保障期間

60歳までの保障契約で加入

→60歳を迎えたら保障は終了

この様に、自分が保障を必要とする期間をカバーするように保険期間を設定します。

また、収入保障保険は一般的に子供が成人または独立するまでの期間で設定していることが多いようです。

収入保障保険のメリット

(1)保険料が安い

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

収入保障保険は、保険金額が一定でなく年々減っていくため、安い保険料で多額の保険金を受け取れるのが特徴です。

(例)60歳満期の保険に加入

55歳で被保険者が死亡

→受け取れる保険金は5年分

日本人の平均寿命や保障期間が「60歳〜65歳」であることを考えると、保険料は安めに設定されていると思います。

(2)長期間保険金が受け取れる

収入保障保険に加入すれば、万が一の場合でも毎月(毎年)決まった保険金を受け取ることができます。

15747e82608f939e71c32b2d3d5329d4_s

そのため、被保険者が亡くなって収入が途絶えてしまった場合でも、少しの間は生活費の不安を解消することができます。

長い間保険金を受け取れることも、生活費を補う上でとても重要なことです。

収入保障保険のデメリット

(1)掛け捨てになること

収入保障保険は掛け捨てタイプの保険のため、支払った保険料は戻りません。

6aadbba7da65b2c127d6d010932a6fbd_s

(例)25歳で保険に加入

何も起こらず保険料を満了まで払い続た場合

→保険料は貰えない

被保険者が死亡または高度障害になった場合のみ、保険金を受け取ることができます。

保障期間の満了まで何も起きなかった時は、保険料が戻ってくることはありません。

(2)一度に高額な保険金が貰えない

収入保障保険は、毎月(毎年)に少しずつ分割で保険金を受け取れるのが特徴です。

そのために一度に何百万円といった、まとまった金額を受け取ることはできません。

c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s

長期的に分割で受け取れるので、定期的な費用(生活費など)を補うには最適ですが。

葬式代や入学金など、まとまったお金を必要としている場合には不適切となります。

もし、まとまったお金が必要になる場合は、定期的に支給される保険金を貯金するしかありません。

収入保障保険のまとめ

収入保障保険は、保険金を長期的かつ定期的に受け取れるのが特徴です。

世帯主が被保険者(契約者)の場合、もしも亡くなって収入がいきなり途絶えてしまっては、残された遺族の生活は不安ですよね。

仮に保険金が支給されても、一括でお金を受け取ってしまっては、使い道にも困るかと思います。

b2376f5af4215078147f30758698ac9b_s

そんな残された遺族の生活の不安を補うことに適しているのが「収入保障保険」です。

しかし“掛け捨てタイプ”の保険のため、満期日になって何も起きなかった時は、支払った保険料が戻ることはありません。

このことから、収入保障保険に加入する場合は“支払う保険料を最低額まで抑えること”が重要といえるでしょう。

そして、収入保障保険はあくまでも死亡保障の一種のため、働けなくなった場合の保障はありません。

940c77d3cc962a2846f65be0ae4049bd_s

また、必ず誰もが必要となる保険ではないので、商品の内容はもちろん、メリット・デメリットを良く理解してから、加入を検討をするようにしましょう。

各保険会社によって保障や保険料も異なるので、事前に情報をして商品の比較することも大切でしょう!

関連記事

【サイト更新日】

2017-10-16

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る