記事の詳細

学資保険と低解約型終身保険を徹底比較

子供の教育資金に備える保険として、代表的なのが「学資(子供)保険」です。

しかし、学資保険と同じような優れた貯蓄性を持つ「低解約返戻金型終身保険」があります。

皆さんの中にも、学資保険の検討のために保険の無料相談へ行ったら、低解約型終身保険を勧められたというご経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

9b9c9a51082892ea0bdd4c8880eb51d1_s

低解約型終身保険はどんな保険で、学資保険と比べてどちらが良いのか気になりますよね!

また、両者とも大切なお子様の教育資金に備える保険ですので、しっかり情報収集をしてから検討をしたいところ。

そこで、今回は学資(子供)保険と低解約型終身保険ではどちらの方が良いのか!

比較しながら、ご説明していきたいと思いますので、是非参考にしてみてください!

低解約型終身保険とは

低解約型終身保険とは、保障が一生涯続く終身型の生命(死亡)保険で、解約時には払込金額が戻る解約返戻金があります。

通常の保険とは違い、払込期間中の解約返戻金を減らしているので保険料も割安です。

保険料の払込期間中の解約返戻金は、払い込み金額の“約70%”にしかなりませんが、払込期間終了後は通常の保険の水準に戻ります。

低解約返戻金型終身保険の例

通常の保険と比べ、払込金額も安く抑えることができ、最終的に解約返戻金が高くなります。

また、低解約型終身保険は短い期間で払込んで返戻金が欲しいタイミングで解約をすることで、解約返戻金を教育資金などに当てることができることから、学資保険の代わりになる保険としても注目をされています。

低解約型終身保険の特徴

次に、低解約型終身保険の特徴をご紹介します。

終身保険の一種

低解約型終身保険は、あくまでも終身保険の一種となります。

そのため、一生涯の死亡保障を備えることができ、保険料も一生涯上がる心配がありません。

18145b8249d4f4a63b895ba91122be24_s

解約返戻金で教育資金に備え、自分の保障も整えることができるのは大きなポイントです!

解約時の返戻率が高い

低解約型終身保険は、終身保険のため解約時の返戻率は高めに設定されています。

そのため、保険料払込後に解約をすると、戻ってくる解約返戻金も高くなります。

24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s

途中解約は元本割れになるので注意。

返戻率は契約条件や払込期間でも異なりますが、学資保険と同じぐらいといわれています。

貯金としては不適切

低解約型終身保険は、契約中の解約返戻金を減らして払込保険料を抑えた低金利な保険です。

6aadbba7da65b2c127d6d010932a6fbd_s

通常の終身保険では、払込んだ保険料に対してお金が少しずつ貯金されていきますが、低解約型終身保険の場合はその貯金される金額の割合が少なくなります。

低解約型終身保険の注意点

低解約型終身保険は、死亡保障も備えながら教育資金の補填ができる便利な保険です。

これだけ聞くと、学資保険より低解約型終身保険の方が良いと思われることでしょう。

しかし、お得に思える低解約型終身保険にも注意するポイントがあります!

途中解約の「元本割れ」に要注意

低解約型終身保険は、低返戻率な保険なため解約時の解約返戻金をかなり抑えています。

そのため、保険料の払込期間中に途中解約をした場合は70%元本割れとなってしまいます。

元本割れのリスクは学資保険もありますが、加入後に解約するなら一定期の保険料を払込んでからにしましょう。

学資保険と低解約型終身保険の比較

それでは、学資保険と低解約型返戻保険の違いを比較していきたいと思います。

受取の自由度が異なる

まず、違うのが保険金の受取時の自由度です!

学資保険の満期保険金は、子供が18歳や20歳になった時など、あらかじめ設定されています。

そのため、子供が18歳または20歳になった時には、保険金を受け取る方法しかありませんが。

c94a8fc225885ccd87b83ca4dc064f31_s

低解約型終身保険では、「解約をして解約返戻金を受け取るか」や「解約をしないで必要な時期まで溜めるか」を選択することができます。

低解約型終身保険は、学資保険に比べて保険金の受取方が自由な保険といえるでしょう。

万が一の時の保障

被保険者に万が一の事があった時、学資保険は払込免除となり満期保険金が受け取れます。

一方、低解約型終身保険では、死亡(生命)保険のため死亡保険金を受け取ることができます。

fe34b8b55a96e08e4d07041fb28d265f_s

この様に、本来は死亡(生命)保険である、低解約型終身保険の方が学資保険よりも死亡保障は手厚くなります。

 学資保険低解約型
終身保険
メリット・学資資金を確保
・返戻率が高い
・お祝い祝金等
・保険料が安い
・死亡保障と
教育資金を確保
・受取時期が自由
・返戻率が高い
デメリット・途中解約で元本割れ
・受取時期を設定
・死亡保障はない
・払込期間は低金利
・途中解約で元本割れ
・インフレに弱い

学資保険と低解約型終身保険のまとめ

最後に学資保険と低解約型終身保険では、どちらが良いのか解説していきたいと思います。

学資保険と低解約型終身保険は、両者とも教育資金の確保ができる保険といえますが。

この2つの保険の比較は、下記の目的別に検討をされることをおすすめします!

①学資保険で高い返戻率を確保

一般的に学資保険と低解約型終身保険の返戻率は、高めに設定をされているため。

両者、払込終了後は100%を超える商品が多く、どちらもあまり変わりませんが。

b2376f5af4215078147f30758698ac9b_s

それでも、学資保険の方が返戻率は高く、途中解約をしてしまった場合に元本割れとなり、損額が大きいのは低解約型終身保険となります。

この様に、高い返戻率で教育資金を確保するのであれば学資保険の方が良いでしょう!

②低解約型終身保険の保障を充実

低解約終身保険と学資保険の大きな違いは、万が一の時の「死亡保険金」が有無です。

終身型死亡保険の一種となる、低解約型終身保険の方が死亡保障はかなり手厚くなるので、解約返戻金による教育資金を目指しながら、万が一の時の死亡保障も欲しいという方は低解約型終身保険が良いでしょう。

353c619272c4237061e0f2063e4fd5f0_s

通常の終身保険に比べても支払う保険料も割安となるので、途中解約の心配さえなければ学資保険よりも有効に活用できることでしょう。

一人で悩まず保険のプロに相談

この2つの保険で迷った時には、保険のプロに相談をすると解決ができます!

学資保険や低解約型終身保険について豊富な知識を持った、FPさんがあなたに最適なプランを提案してくれます!

また、過去に保険の無料相談に行ったけど、何が良いのかわからなかったという方は。

改めて「教育資金を確実に貯めたい」や「死亡保障も欲しい」といった、あなたのダイレクトな要望をぶつけてみてください!

c35db59b64fd78d88ac15c20aac49cc4_s

担当のFPさんは、対談の中で些細な悩みや保障についての要望もしっかりと聞いてくれます!

教育資金に備える、学資保険と低解約型終身保険に悩まれた時には一人で悩むことなく。

是非、保険のプロであるFPさんに相談をしてあなたにピッタリな保険を見つけましょう!

関連記事

【サイト更新日】

2018-10-17

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る