記事の詳細

15-1357811997-3

民間の介護保険の比較ランキング

現在、日本では高齢化社会を迎え、介護の問題も深刻な状態となっています。

その中で「75歳以上の3人に1人」は、要介護や要支援の認定を受けています。

公的介護保険で、多少の備えをはできますが介護費用全体を補うには物足りません。

皆さんも「公的介護保険だけでは不安」や「介護費用のために貯蓄したい」という悩みがあることでしょう。

d7bb4fa7fe732fc3943ea68e5a7519c0_s

そんな時に活躍するのが、民間保険会社が提供する「民間の介護保険」です。

介護保険で足りない保障に備えながら、将来の貯蓄もすることができます。

ここでは、最新の民間介護保険を取り扱う“15社”の商品を比較して人気ランキングでご紹介したいと思います。

是非、ご自身の民間の介護保険の比較の参考としても役立ててみてください!


民間介護保険比較ランキング“15社”

ネット生保も含めた、最新の介護保険を取り扱う各15社の商品を比較してみました。

sign

[比較基準]

・対象は“民間の介護保険”

・年齢は20代、30代、40代、50代。

・保障期間&払込期間は“終身”

・基本的に性別は“男性”

・一時金の保障額は“500万円”を基準とする。

一部、対象外の商品もあります。

保険会社保険商品保険料タイプ備考
アクサ生命アクサの「一生保障」
の介護保険賢者の備え
<独自基準>
20歳/6,475
30歳/8,325
40歳/11,185
50歳/15,835
終身型
貯蓄性有
・認定は独自基準で
要介護4に相当する
・所定の要介護状態ま
たは死亡、高度障害状
態を一生涯保障します
朝日生命あんしん介護
[一時金タイプ]
<公的連動>
20歳/─
30歳/─
40歳/5,990
50歳/9,070
定期型・要介護3以上で1,000
万円の介護一時金
・40~75歳が対象
・要介護1以上の認定
で以後の保険料が不要
朝日生命あんしん介護
[年金タイプ]
<公的連動>
20歳/─
30歳/─
40歳/3,666
50歳/4,920
定期型・要介護1以上で以後
の保険料の払込が免除
され、一生涯で介護年
金が受け取れる
・保険料は掛け捨て
アスモ少額
短期保険
生きるための保険
「生きるんじゃ!」
<独自基準>
20歳/766
30歳/863
40歳/1,311
50歳/2,727
定期型・生命定期保険(300万
円プランで保険料算出)
・要介護認定4or5の状
態で保険金を一括支給
・保険料は安いが定期
型で認定も厳しいので
おすすめはできない
アフラックWAYS
(ウェイズ)
<公的連動>
20歳/5,820
30歳/8,015
40歳/12,185
50歳/22,125
終身型・65歳満了&死亡保険
金は500万円で算出
・払込満了後は介護年
金コースの選択が可能
・公的介護保険の要支
援の認定で年金が支給
アフラックスーパー
介護年金
プランVタイプ
<独自基準>
20歳/2,346
30歳/3,066
40歳/4,248
50歳/6,282
定期型・介護年金60万円コース
・介護年金の幅が広い
・65歳になった時に4
つのプランから保障を
選択する(一時金or年金
で受け取る等)
AIG富士生命愛する家族のため
にいざという時
こどもの世話に
なりたくない保険
<公的連動>
20歳/─
30歳/─
40歳/3,000
50歳/4,400
定期型・プラン Bで算出
・保険料が安く掛捨て
・公的介護保険と連動
・一時金は要介護4or5
の認定と基準が厳しい
ジブラルタ
生命
介護保障付
終身保険
<公的連動>
20歳/15,050
30歳/20,870
40歳/32,990
50歳/71,600
終身型
貯蓄性有
・介護保障+死亡保障
・高度障害保険金(住宅
バリアフリー化に対応)
・要介護2以上の認定
で介護保険金が支給(死
亡保険金の半分の金額)
ソニー生命5年ごと利差配当付
終身介護保障保険
<公的連動>
20歳/─
30歳/─
40歳/12,080
50歳/21,300
終身型
貯蓄性有
・65歳払込満了&死亡
給付金300万円で算出
・要介護2以上の認定
で介護の保障は幅広い
・保険料は高いが介護
や貯蓄の備えはできる
ソニー生命低解約返戻金型
終身介護保障保険
<公的連動>
20歳/─
30歳/─
40歳/3,960
50歳/5,880
終身型
・公的介護保険に連動
・死亡給付金や解約返
戻金がなく、要介護2
以上の認定で一時金と
一生涯の年金を支給
東京海上日動
あんしん生命
長生き支援終身
<公的連動>
20歳/7,725
30歳/10,770
40歳/17,090
50歳/36,160
終身型
・払込期間60歳で算出
・要介護状態2で一時
金(死亡保険金と同額)
・満了後は返戻金UP
・終身死亡保険に加え
介護保障も受けられる
三井住友海上
あいおい生命
積立利率変動型
終身保険
<独自基準>
20歳/12,480
30歳/15,480
40歳/20,020
50歳/20,020
終身型
貯蓄性有
・終身払い+死亡保険
金は1000万円で算出
・独自の認定基準有り
・払込満了後に介護年
金へ移行ができる
三井住友海上
あいおい生命
積立利率変動型
終身保険
[終身介護特約]
<公的連動>
20歳/
30歳/
40歳/
50歳/
終身型
貯蓄性有
・終身+介護保障特約
・要介護2以上で一時金
・払込免除の特約は同
時に付けられない
明治安田生命介護のささえ
5年ごと利差配当付
介護終身年金保障
保険<公的連動>
20歳/─
30歳/─
40歳/8,220
50歳/11,274
終身型
貯蓄性
・公的介護保険制度の
要介護3以上の該当で
一生涯で介護終身年金
が支給(年額60万円)
・介護年金前に死亡し
た場合は死亡給付金
メットライフ生命ロングタームケア
<独自基準>
20歳/─
30歳/─
40歳/19,040
50歳/31,850
終身型
貯蓄性有
・65歳払込満了&基準
年額は100万円で算出
・認知症や寝たきり以
外の介護も一生涯保障
・払込満了時には払込
金を個人年金にできる

民間の介護保険の“無料”相談ランキング

gLIfsJmVoeh9YIZ1466053565_1466053594【保険のビュッフェ】

スクリーンショット 2016-07-26 1.17.02

 

・おすすめ度【★★★★★

「JCB商品券5,000円」のプレゼントあり!

・保険の利難点も詳しく解説します。


KybMoojSa2DWC8A1466053604_1466053626【みんなの生命保険アドバイザー】

キャプチャ

 

・おすすめ度【★★★★☆】

・中立な立場のFPが最適なプランを提案。

毎月の保険料も1/3に見直し


ZKVBUgsvVK_pTfB1466053638_1466053663【保険マンモス】

24

 

・おすすめ度【★★★☆☆】

・ネット生保も豊富な商品ラインナップ。

・人生プランに合った最適な保険の提案


民間の介護保険比較ランキングのまとめ

民間の介護保険は、商品によって保険料だけでなく認定基準や保障(給付金)も異なります。

a687079609a12fa44f353f82ba936fb8_s

そのため、最後に民間介護保険の比較ポイントをご紹介したいと思います!

①保障の内容(給付金)

民間の介護保険の給付金には、「一時金」「年金型」の2種類があります。

基本的には、どちらか選ぶ方法になりますが、両方の「併用型」もあります。

41ed2bdc1d5aeccf416cd257e545d55e_s

介護一時金

所定の介護状態になった場合、まとまった給付金が支給される。

介護年金

所定の介護状態になった場合、以後は毎年一定額が支給される。

介護年金の受取期間には、「定期型(10年間など)」と「終身型」があります。

この給付金の違いも大きなポイントなので、よく確認をしておきましょう。

②認定(給付)基準

介護一時金や介護年金の給付基準には、公的介護保険の要介護度に連動するタイプと保険会社の独自基準があるタイプがあります。

6162e5d1f2312f2d0c01ff6aa9c9c34f_s

公的介護保険に連動

公的介護保険で認定された、要介護度にあわせて給付金が支給。

保険会社の独自の基準

各保険会社が定める介護状態で給付金が支給。

そのため事前に支給基準は、公的介護保険に連動するのか独自基準か確認しておきましょう。

また、独自の基準を設定している場合は、要介護度によって緩い基準と厳しい基準があります。

15747e82608f939e71c32b2d3d5329d4_s

例えば、アフラック「WAYS」は要支援1以上が支給基準となり、とても優しい保険です。

要支援は、要介護よりも軽度な症状です。

独自の基準がある場合、どの要介護度に設定されているのかも合わせて確認しましょう!

保険のプロに相談する

民間の介護保険は、通常の介護保険で弱い部分の保障に備えるための保険です。

また、民間の介護保険のみで、全ての介護を補うということではありませんので。

無理のない保険料で、貯蓄とのバランスも良い保険に加入することが大切です!

民間の介護保険は新しい保険ため、時代の変化に合わせて内容も日々変わります。

c35db59b64fd78d88ac15c20aac49cc4_s

今回の介護保険の比較ランキングと合わせて、私がおすすめするのが保険のプロに無料相談することです!

豊富な介護保険の知識を持ったプロのFPさんが、あなたにピッタリの介護保険を提案してくれます!

民間の介護保険は、将来の高齢社会にも備える重要な保険になるので、自分一人でだけ悩むのではなく保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)さんへ無料相談をして、最適な介護保険への備えを整えましょう!

関連記事

【サイト更新日】

2017-10-16

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る