記事の詳細

「学資保険(子供保険)」とは

学資保険は、別名を“子供保険”といい、子供の教育資金を目的とした保険のことです。

子供は出来て嬉しい半面、将来の事を考えると金銭的に不安になることでしょう。

d71f50dff43b9ff326032944cb531ee3_s

そんな子供にかかる金銭的な不安を、解決してくれるのが学資保険です。

子供がいる方、考えているという方なら、一度は目にしたことがある保険かと思います。

今回は、そんな学資保険についての内容を、詳しくご紹介したいと思います。

学資保険の特徴

基本的な流れは、他の生命保険と同じく、毎月一定の保険料を払い続けて、満期時に給付金を受け取ることができるというものです。

学資保険は満期時に支給される、満期学資金を使って、教育資金を補うことができます。

(例)子供の大学進学の資金を確保したい。

子供の高校卒業時に満期を設定する。

→大学入学の前に資金を確保できる。

この教育資金が必要となるタイミングで、給付金を受け取れるのも学資保険の特徴です。

学資保険のメリット

「保険料支払免除処置」

契約者が、万が一事故で死亡してしまった場合、支払う保険料が免除されます。

8dd6f7b51862728c309158d717c6cd25_s

そして、子供の教育資金は保障をされるということになります。

また、学資保険は「給付金・育英金」を受け取れるので、安心のできるのも強みです。

「税金面で優遇されている」

一般的に学資保険は生命保険に分類され、保険料の支払いは税額控除の対象となります。

また、学資保険で受け取る給付金なども、税金控除の対象となる場合があります。

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

支払い金額と受け取り金額の差額が、50万円以内だった時、所得税は控除されます。

(例)支払額~受取額の差額が50万円以内。

総額で400万円の保険料の支払い。

→満期時には440万円を受け取る。

→所得税が控除される。

学資保険のデメリット

「元本割れのリスクが高い」

学資保険で一番注意したいことは、支払金額より受取金額が少なくなる元本割れです。

取り扱い商品によって異なりますが、特約などの付属サービスが充実していると共に。

570aea86d24cd4873f98fb0aee5e898a_l

保険料も高く設定をされているので、元本割れのリスクも高くなってしまいます。

また、子供の教育資金を焦るあまり、保険金の受取時期を誤って設定してしまうと。

将来、本当に必要な時に使えなくなってしまうので、注意が必要です。

学資保険の5つの特約

学資保険には、5つの特約を付属することができます。

また、商品によっては、学資保険にはじめから付属している特約もあります。

ここで、学資保険の特約の種類をご紹介していきましょう。

①傷害特約

XTaPxbyIPLzTzwQ1438594703_1438594758

不慮の事故や指定の伝染病で、亡くなった場合に保険金を受け取ることができる特約。

この不慮の事故で、高度傷害になった時に、傷害給与金を受け取ることができます。

②災害特約

XTaPxbyIPLzTzwQ1438594703_1438594798

不慮の事故で傷害を受けた時、その傷害に対して保険金を受け取ることができる特約。

この特約は、身体の傷害が事故と全く関係のない場合は対象になりません。

③子供の医療保険の特約

XTaPxbyIPLzTzwQ1438594703_1438594839

子供が入院や手術をする時、入院給付金と手術給付金を受け取ることができます。

医療保険の保険料は、費用も大きいため、学資保険の貯蓄が下がる場合もあります。

④保険料払込免除の特約

XTaPxbyIPLzTzwQ1438594703_1438594906

万が一保険契約者が、死亡・高度障害になってしまった時は、保険料が免除されます。

基本的に、この特約は学資保険に自動的に付属してきます。

⑤育英年金の特約

XTaPxbyIPLzTzwQ1438594703_1438594950

保険契約者が、万が一死亡したり高度障害になってしまった場合。

学資保険が満期になるまでの期間、育英費用として所定の年金が受け取れます。

この特約は、最初から付属している商品と、後から選んで付属する商品があります。

しかし、育英年金は契約者の死亡保障と同じため、学資保険の貯蓄性を下げることにも繋がります。

契約者(両親)が、死亡保険に加入している場合は不必要となるでしょう。

学資保険特約の注意点

学資保険には、特約がはじめから付属している商品も多く存在します。

しかし、特約が付属している保険のほとんどは“元本割れ”しているのが現状です。

医療保険特約は、地域によって異なりますが「0~15歳」まで医療費を補助してくれる自治体もあります。

4de880a7c5f8ea2c23ee5dde5996da60_s

このような、医療費助成制度を利用すれば、ある一定期間は子供の医療保険の必要性がなくなります。

そのため、学資保険の加入時には、なるべく“余分な特約を付けず”に。

子供の将来を考えた、貯蓄性の高い運用を目指しましょう。

学資保険(子供保険)のまとめ

学資保険(子供保険)は、“貯蓄性”を重視した商品を選ぶようにしましょう。

加入時に不安になるあまり、万が一の保障を充実させようとしても。

その事態が起きなければ、せっかくの保険も無駄になってしまいます。

本来、学資保険の目的は「子供のための資金の貯蓄」です。

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

“元本割れ”を起こして、貯金のためのお金が減ってしまっては意味がありません。

子供が生まれた時、子供の将来や家族の生活で不安な気持ちでいっぱいかと思いますが。

学資保険(子供保険)は、将来の貯蓄を考えた、返戻率の高い保険を選びましょう!

学資保険の返戻率を高めるポイント

学資保険では、特約を気にするあまり、付属してしまうと返戻率も低下してしまいます。

資金の貯蓄のためにも、学資保険加入時には返戻率を高めるポイントを意識しましょう。

保険料払込免除を無くす」

さらに貯蓄を目指したい方は、“保険料払込免除特則なし”のタイプを選びましょう。

15747e82608f939e71c32b2d3d5329d4_s

保険料の免除がない分、返戻率UPします。

「保険料の支払い期間の変更」

毎月の保険料の支払い方法を「年払い・前納払い」に変更することで、返戻率を高めることができます。

前納払いは、契約時に保険料払込期間満了まで、年払い保険料を一括で支払う方法です。

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

この支払い方法にすることで、「前納割引率」の対象となり、保険料を安くすることができます。

「早めに学資保険へ加入する」

契約者(ご自身)や被保険者(お子様)の、年齢も低いと保険料も抑えられます。

064bd7b864787bebd45eacef13b7e3e9_s

もし、学資保険に加入する場合は、ご自身もお子様も年齢が若いうちに入るのがおすすめ

関連記事

【サイト更新日】

2017-05-19

【公式Facebook】

ページ上部へ戻る